腰痛とストレスの関係


それではなぜ腰の痛みは起きるのでしょうか?

肩こりや腰痛の患者さんを、それぞれの痛みの原因・誘因を調べ分析した結果、衝突などによる外部から加えられた力によるアクシデント意外はほとんど起こるべくして起こるということがわかったそうです。

私達は子供の時から本当に色々なストレスの中で生活していますよね。

人間の体は外部からの刺激、気温や温度の変化、人間関係の悩みや、いざこざ、けがや病気などの刺激があると(つまりストレスですが)それに対して抵抗し防衛するという本能があるといいます。

その刺激が続くと人間の体はついに抵抗性を失ってもはや刺激に耐えられない状態となって、体にさまざまな症状として出てくるのだそうです。

その代表的な症状に腰痛、肩こり、神経痛などがあります。

ですから腰痛を防ぐには日常生活から受ける腰や肩へのストレスや負担をなくすことが大切なのです。




30万人の腰痛患者を救い1000人ものヘルニア患者を救ってきた中川式腰痛治療法の詳細を見る
タグ:腰痛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。