長時間座る姿勢と腰痛の関係


私は1日のほとんどの時間がパソコンなどの座り仕事をしています。

実は座った姿勢が一番腰に負担がかかるということを知っていましたか?

座っている姿勢は一見とても楽そうに見えますが、立っている姿勢のときよりずっと腰への負担がかかっているのです。

特にタクシーの運転手さんなどの長時間車の運転をする方は、同じ姿勢で座っているというストレスと振動が圧力になって椎間板に負担をかけるのです。

また、普段から座り仕事が多く、運動不足で、家に帰ってもゴロゴロとテレビばかり見ている生活では筋力が落ちてストレスに耐えられない体になってしまいます。

こんな状況で腰痛を治そうと思っても無理ですね。

幼稚園児などの小さな子供は10分も同じ姿勢で座っている事はありませんが、これは体にかかるストレスと歪みに対して体が反応して、負担をかけないように自然に体を動かすからです。

長時間座って仕事や作業をする人は、ときどき仕事の手を休め同じ姿勢による筋肉へのストレスを少なくする運動や体操をしたり、仕事をしながらでも姿勢を少しずつ変えるなどのに注意をすることが大切なんです。




30万人の腰痛患者を救い1000人ものヘルニア患者を救ってきた中川式腰痛治療法の詳細を見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。